日本代表の清武弘嗣について

清武弘嗣

清武弘嗣は1989年11月12日 で大分県大分市出身のサッカー選手であり、日本代表であります。リーガ・エスパニョーラ・セビージャFCに所属しています。ポジションはミッドフィールダー、フォーワードであります。

2008年にトップチームに昇格し、1年目からスーパーサブとして出場機会を得て、第20節清水エスパルス戦では、1-2の状況から同点ゴールを決め、これが自身のプロ初得点となりました。2009年は主力選手の怪我人続出もあってレギュラーに定着しました。チームが低迷する中、23試合に出場して3得点を挙げました。ニュルンベルクでは開幕戦からスタメンに抜擢されると、9月15日のボルシアMG戦では1得点を挙げた他2アシストの成績を残りました。この得点はニュルンベルク移籍後初の得点でした。シーズン通してレギュラーとして起用されリーグ4位となる10アシストを記録しました。2011年8月10日に札幌ドームで行われた韓国戦で前半36分に岡崎慎司に代わりA代表デビューを果たし、2アシストを挙げ、日本代表の勝利に貢献しました。

清武弘嗣

2010年、大分のJ2降格に伴い高橋大輔、上本大海と共にセレッソ大阪に完全移籍しました。2012年、香川真司の移籍後欠番となっていたセレッソ大阪のエースナンバー背番号8を継承し、5月16日、7月1日付けでドイツ・ブンデスリーガの1.FCニュルンベルクへの完全移籍が発表されました。

 清武弘嗣  日本代表 ユニフォームは豊富に納品備えっています、激安価格で人気のある清武弘嗣のユニフォームの購入はこちらへ!

日本代表香川真司について

香川真司

香川真司は兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手であります。幼稚園に通っていた頃からサッカーを始めました。小学5年生になると神戸NKの監督からFCみやぎバルセロナ(宮城県仙台市)へのサッカー留学を勧められました。2001年、中学校入学と同時にサッカー留学し、仙台市立八乙女中学校に通いながらFCみやぎバルセロナのジュニアユースに所属し練習に励みました。2005年9月、高校2年生の時にU-18東北代表(清水秀彦監督)に飛び級で選出され、仙台カップ国際ユースサッカー大会 (U-18) にボランチとして出場し、MIPの1人に選ばれました。

香川真司

2008年に日本代表に選出されました。同年10月9日のキリンチャレンジカップの対UAE戦で代表初得点を挙げました。[2009年シーズン、J2第15節水戸ホーリーホック戦でプロ登録後初のハットトリックを達成し、その後も4試合連続ゴールを記録するなど得点を重ねました。2011年1月には国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれました。2013年3月2日のノリッジ・シティFC戦では自身のヨーロッパ移籍後初、プレミアリーグにおいてはアジア出身選手による初のハットトリックを達成しました。このシーズン、マンチェスター・ユナイテッドは2シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、香川自身も欧州移籍後3シーズン連続でリーグタイトルを獲得した。攻撃面での高い技術およびセンスを備えたセカンドストライカーないしトップ下であり、ボールのコントロール能力、敏捷性、カットイン時のオフ・ザ・ボールの動き、視野の広さ等は高い評価を得ています。

2006年にセレッソ大阪に入団し、同球団と業務提携していたウィザス高等学校(通信制)に転校しました。同期入団の選手には、セレッソ大阪U-18からトップチームに昇格した柿谷曜一朗が存在します。2010年7月1日、ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに移籍しました。2012年6月5日、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCへの香川の完全移籍に関してドルトムント及びマンチェスター・ユナイテッドの双方が合意したことが両クラブから発表されますした。

香川真司 日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 #10.香川真司

#10.香川真司」オフィシャルマーク付き!
日本代表2016アウェイ半袖レプリカユニフォーム!
日本代表 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 #10.香川真司日本代表 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 #10.香川真司
特徴

・サッカー日本代表アウェイユニフォーム。
・レプリカモデル。
・伝統の白を用いたボディーの前面に、ダイヤモンドの輝きから発想を得た、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザイン。
・襟裏には、飛翔する三本足の烏をプリント。

スペック

素材 インターロック(ポリエステル100%)
発売時期 2015年11月発売
シーズン 2016

日本代表 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 #10.香川真司

日本代表 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 #10.香川真司日本代表 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 #10.香川真司
商品詳細

『円陣』すべてをかける時が来た。-円陣を組め、すべてをかけろ-
2014年ワールドカップ着用!日本代表香川真司オフィシャルマーク付きホーム半袖レプリカユニフォーム。

【カラー】
ジャパンブルー×ホワイト×ポップ

【特徴】
・カラーには伝統的な「ジャパンブルー」を採用。
・背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への想いをこめた大きな1つの「輪」になるようにデザインされています。
・結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現。
・左胸の協会エンブレムから伸びる11本のラインは円陣後戦いに向けピッチに散らばる選手を表現。
・日本国旗、協会エンブレムは織りワッペン縫い付け。
・協会エンブレム下の「JAPAN」の文字とメーカーロゴは刺繍。
・サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。

【機能】
clima cool:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

【素材】
インターロック(ポリエステル100%)

【シーズン】
2013年11月発売

ご購入はこちら >>

日本代表2016ユニフォームホーム半袖レプリカ #10.香川真司

「#10.香川真司」オフィシャルマーク付き!
日本代表2016ホーム半袖レプリカユニフォーム!

メーカーカラー
日本代表2016ユニフォームホーム半袖レプリカ #10.香川真司日本代表2016ユニフォームホーム半袖レプリカ #10.香川真司
ナイトネイビー×ホワイト×ブライトロイヤル
特徴

・サッカー日本代表ホームユニフォーム。
・レプリカモデル。
・アディダス・サッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。
・また、中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。
・襟裏には、三本足の烏の羽がプリントされている。

スペック

素材 インターロック(ポリエステル100%)
発売時期 2015年11月発売
シーズン 2016

ご購入はこちら >>

日本代表 香川真司

香川真司は兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。
2015年香川真司はどうすれば生きるのかという疑問が多い。
カンボジアのエースFWクオン・ラボラビー(9番)が「日本で一番注目しているのはカガワ。ボルシア・ドルトムントの試合はいつも見ているし、彼は本当に素晴らしい選手。憧れている」と語ったように、相手選手も、スタジアムに駆けつけた人々も、日本のエースナンバー10の一挙手一投足に注目していた。

香川真司

アジアでの戦い、世界への挑戦という二面性を求められるのは日本代表の常。だが、代表の方向性をしっかり模索すると同時に、俊輔が言うように重責を背負いすぎている香川の役割をもう少しシンプルにさせられないものか。アジアを、世界を、そして日本代表を知る中村俊輔の言葉は非常に重い。現役選手だけに直接のアドバイスすることが難しいのは理解できる。