日本代表長友佑都、トルコ・ガラタサライへのレンタル移籍が決定!

写真1
サッカー日本代表DF長友佑都(31歳)がイタリア1部リーグ(セリエA)のインテル・ミラノからトルコ1部のガラタサライに移籍することが1月31日、両クラブから発表された。

今年6月末までの期限付き。長友さんは自分のブログに「2011年1月31日にインテルインテル・ミラノからオファーがあり、移籍したのを思い出す。感謝の想いで胸がいっぱいです」と記した。約7年にわたり在籍したインテルへの感謝の気持ちを表れている。

10年夏にJ1のFC東京からチェゼーナ(イタリア)に移籍した長友さんは、11年から強豪インテル・ミラノでプレーしたが近年の試合出番が減少つつある。今夏のロシアワールドカップ(W杯)大会に向け出場機会を求めた。

ガラタサライは1905年創立のトルコきっての有名クラブ。最多20回のリーグ優勝、同17回の国内カップ優勝、1度のヨーロッパカップ(現・ヨーロッパリーグ)優勝を誇る。2006-07シーズンには元日本代表MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)が在籍。ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWポドルスキも2015年7月から2017年6月まで所属した。今シーズンは19試合を消化し、勝ち点1差で首位イスタンブールBBSKに次ぐ2位につけている。

F18SAD0004

日本代表 2018 ユニフォーム 5番 長友佑都 ホーム 半袖 レプリカにご興味がある方はこちらへどうぞ。

日本代表2016ユニフォームホーム半袖レプリカ#5.長友佑都

「#5長友佑都」オフィシャルマーク付き!
日本代表2016ホーム半袖レプリカユニフォーム!

メーカーカラー

日本代表2016ユニフォームホーム半袖レプリカ#5.長友佑都日本代表2016ユニフォームホーム半袖レプリカ#5.長友佑都
ナイトネイビー×ホワイト×ブライトロイヤル

特徴

・サッカー日本代表ホームユニフォーム。
・レプリカモデル。
・アディダス・サッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。
・また、中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。
・襟裏には、三本足の烏の羽がプリントされている。

素材 インターロック(ポリエステル100%)
発売時期 2015年11月発売
シーズン 2016

ご購入はこちら >>