日本代表 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 発売

今日は、サッカー日本代表ユニフォーム販売情報更新 ROBUST BUYが紹介いたすアイテムは「日本代表 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ」の関係情報となります。日本代表の2018シーズンアウェイユニフォームの写真イメージ、そのデザイン詳細や通販情報などを逐一に説明いたします。2018 日本代表 ユニフォームにご興味がある方は是非ご覧ください。jfa-2018-away

日本代表 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカです。アウェイ ユニフォーム。レプリカ モデル。2018ワールドカップ向け。

メーカーカラー:ライトグレー

通販価格:¥4584円

テーマ:勝色

特徴

・サッカー 日本代表 ユニフォーム 2018 アウェイはサポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
・vネック仕様、肩にアディダスの象徴「三本線」を入り。
・右胸はメーカーロゴを配置し、左胸が協会エンブレムを配置しています。
・協会エンブレムの上方が国旗を配置しています。

デザインコンセプト:

・アウェイユニフォームはホームモデルの濃いブルーに染める前のまっさらな白い生地からインスピレーションを受けたデザインを採用。
・日の丸のカラーである白と赤を近未来的にライトグレーで表現し、光リ輝く未来をイメージ。
・左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した国際大会である1992年のダイナスティカップで着用したデザインを現代風に再現。
・三つのバーは、それぞれ微妙に異なるデザインとグラデーションカラーで日本人のきめ細やかさを表現。
・過去/現在/未来という時の流れを表現しており、より強い日本の未来を創造できるようにと言う想いが込められています。
・ベースカラーとなっているライトグレーは、光の当たりによって色が変わり、光輝く未来を表現。
・首元の内側には、過去5大会のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置。過去20年で積み重ねてきた経験を背負い、勝利をもぎとる強い意志を表現。

購入手続きへ

日本代表長友佑都、トルコ・ガラタサライへのレンタル移籍が決定!

写真1
サッカー日本代表DF長友佑都(31歳)がイタリア1部リーグ(セリエA)のインテル・ミラノからトルコ1部のガラタサライに移籍することが1月31日、両クラブから発表された。

今年6月末までの期限付き。長友さんは自分のブログに「2011年1月31日にインテルインテル・ミラノからオファーがあり、移籍したのを思い出す。感謝の想いで胸がいっぱいです」と記した。約7年にわたり在籍したインテルへの感謝の気持ちを表れている。

10年夏にJ1のFC東京からチェゼーナ(イタリア)に移籍した長友さんは、11年から強豪インテル・ミラノでプレーしたが近年の試合出番が減少つつある。今夏のロシアワールドカップ(W杯)大会に向け出場機会を求めた。

ガラタサライは1905年創立のトルコきっての有名クラブ。最多20回のリーグ優勝、同17回の国内カップ優勝、1度のヨーロッパカップ(現・ヨーロッパリーグ)優勝を誇る。2006-07シーズンには元日本代表MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)が在籍。ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWポドルスキも2015年7月から2017年6月まで所属した。今シーズンは19試合を消化し、勝ち点1差で首位イスタンブールBBSKに次ぐ2位につけている。

F18SAD0004

日本代表 2018 ユニフォーム 5番 長友佑都 ホーム 半袖 レプリカにご興味がある方はこちらへどうぞ。

日本代表 2017 ユニフォーム ▼#10.香川真司 ホーム 半袖 通販

japan-uniform-home-17-10

日本代表 2017 ユニフォーム ▼#10.香川真司 ホーム 半袖 絶賛販売中・・・

特別価格:¥5,042円(税込)

日本代表 ユニフォーム激安通販!最大60%OFF。日本代表 10番選手 香川真司 ユニフォーム レプリカにご興味がある方は是非こちらへどうぞ!

利用シーズン:2017

サプライ:アディダス

カラー:ジャパンブルー

【特徴】
・袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表現。
・胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げた。
・メーカーロゴは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍。
・エンブレムは織りワッペン縫い付け。

Purchase