日本代表 2017 ホーム ユニフォーム 13番 清武弘嗣 絶賛販売中

5368a0a1ae734【基本情報】
国籍:日本
生年月日:1989年11月12日(27歳)
出身地:大分県大分市
身長:172cm
体重:66kg

【選手情報】
在籍チーム:セレッソ大阪
ポジション:MF (OMF) / FW
背番号:46
利き足:右足

日本代表 ユニフォーム 2017 13番 清武弘嗣 ホーム 半袖 絶賛販売中
サッカーユニフォーム

【メーカーカラー】
ジャパンブルー

【価格】5042円(税込)

【マーキング】可能

【シーズン】2017

【特徴】
・袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表現。
・胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げた。
・メーカーロゴは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍。
・エンブレムは織りワッペン縫い付け。

【機能】
優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

2017 日本代表 W杯出場20周年 ユニフォームを紹介

1_15_7

【カラー】ブルー

【シーズン】2017

【サプライ】アディダス/ADIDAS

【マーキング】可能

【デザイン背景】:1998年のフランス・ワールドカップで初出場20周年を記念。

【特徴】
・袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表しております。
・胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げました。
・メーカーロゴは刺繍です。
・エンブレムは織りワッペン縫い付けます。
・クルーネックデザインを採用します。
・素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

【機能】
熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

今すぐ購入する

日本代表 歴代ユニフォーム

世界多数の国家は国旗の色を代表ユニフォームの色に使用しています。たとえば、ブラジル代表ユニフォームは国旗のグリーンやイエロー、アルゼンチン代表は国旗のスカイブルーやホワイトを採用します。しかしながら、日本は例外です。以下は1999から2017年にかけて日本代表 ユニフォームです。

历代球衣どうしてユニフォームのカラーは日本国旗の色と異なりますか?

「日本の国土を象徴する海と空の青」と思います。実際に、以前日本のユニフォームは、国旗から取られたホワイトを採用します。戦前に水色を採用しており、戦後もデザインはそのまま使用されてきました。1988年頃に一時赤いユニフォームが採用され、1992年に再度白と青のユニフォームに戻りました。それ以降は青と白を採用しています。

日本代表ユニフォームを見て、好きですか?興味を持っていますか?「JFA SHOP」というショップでは多くのユニフォームを用意し、日本代表ユニフォームだけでなく、他のナショナルチーム、クラブチームのユニフォームもあります。もし気に入ったら、どちらでも選択できますよ。サッカーファンはこの機会をお見逃しなくよ!

日本代表 2016 ▼#10. 香川真司 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

no.10

日本代表 2016 ▼#10. 香川真司 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

特別価格:6500円
シーズン:2016シーズン
デザインコンセプト: 日本代表ユニフォーム 2016 ▼#10. 香川真司 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカはホワイトを基調にデザインしました。脇下にブラックのラインが流れています。立体感たっぷりです。背中に香川真司選手のネームや番号が印刷されています。ユニフォーム素材では、高品質な通気性生地を利用して、選手のパフォーマンスを最大に発揮させます。

商品詳細:
・サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
・ユニフォームは白を用いた前面に、ダイヤモンドの輝きからのインスピレーションで青の総柄グラフィックでデザインしました。
・先導者の象徴としての飛翔する三本足の烏を襟裏にプリントされました。
・香川真司は正面を向いた際の足元の技術とゴール前での冷静さ、視野の広さ、両足でボールを扱える器用さを持ち合わせているといわれます。
Purchase

日本代表の長谷部誠について

長谷部誠

 長谷部誠は静岡県藤枝市生まれのサッカー選手であります。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルトに所属しての日本代表です。3歳のときにサッカーアニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れてサッカーを始めて、藤枝市立青島東小学校のスポーツ少年団と藤枝市立青島中学校サッカー部を経て、静岡県の名門藤枝東高校に入学して、2年の終わり頃からレギュラーとしてプレーしました。高校卒業と同時に、3年目の2004年はシーズンのシーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組んで、浦和の2ndステージ優勝などに大きく貢献しました。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出されました。

センターハーフを本職してサイドでの起用にも対応する高い戦術理解力と抜群の安定感を兼ね備えるという評価がありました。浦和レッズ時代は繊細なボールタッチを持ち味とする司令塔として活躍しましたが、ヴォルフスブルク移籍後は中盤の攻撃的な位置や守備的な位置に加えて、最終ラインに入ることもできるユーティリティプレイヤーに進化します。持ち前のテクニックに加えて、欧州仕様のフィジカルと対人プレーの強さを体得して、カバーリングが成長しました。2005年から2007年の間も鈴木啓太と中盤の底でコンビを組んで、J1優勝やAFCチャンピオンズリーグ優勝をはじめとした浦和のタイトル獲得にレギュラーとして貢献しました。

 

長谷部誠

2006年、イビチャ・オシムが日本代表監督に就任しましたと、再び代表に選出されましたたが、2007年以降は代表から漏れることが多くなりました。2008年1月1日、ドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクに移籍しました。2013年のシーズン開幕後、本職であるボランチでの出場を希望し自ら移籍を志願しました。2013年8月31日、1.FCニュルンベルクへの移籍が発表されて、シーズン終了後、アイントラハト・フランクフルトへ移籍しました。南アフリカW杯後に日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニからも引き続きキャプテンを任されて、2011年1月にカタールで開催されたアジアカップでは、全6試合にフル出場して、日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献しました。

長谷部誠 日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表香川真司について

香川真司

香川真司は兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手であります。幼稚園に通っていた頃からサッカーを始めました。小学5年生になると神戸NKの監督からFCみやぎバルセロナ(宮城県仙台市)へのサッカー留学を勧められました。2001年、中学校入学と同時にサッカー留学し、仙台市立八乙女中学校に通いながらFCみやぎバルセロナのジュニアユースに所属し練習に励みました。2005年9月、高校2年生の時にU-18東北代表(清水秀彦監督)に飛び級で選出され、仙台カップ国際ユースサッカー大会 (U-18) にボランチとして出場し、MIPの1人に選ばれました。

香川真司

2008年に日本代表に選出されました。同年10月9日のキリンチャレンジカップの対UAE戦で代表初得点を挙げました。[2009年シーズン、J2第15節水戸ホーリーホック戦でプロ登録後初のハットトリックを達成し、その後も4試合連続ゴールを記録するなど得点を重ねました。2011年1月には国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれました。2013年3月2日のノリッジ・シティFC戦では自身のヨーロッパ移籍後初、プレミアリーグにおいてはアジア出身選手による初のハットトリックを達成しました。このシーズン、マンチェスター・ユナイテッドは2シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、香川自身も欧州移籍後3シーズン連続でリーグタイトルを獲得した。攻撃面での高い技術およびセンスを備えたセカンドストライカーないしトップ下であり、ボールのコントロール能力、敏捷性、カットイン時のオフ・ザ・ボールの動き、視野の広さ等は高い評価を得ています。

2006年にセレッソ大阪に入団し、同球団と業務提携していたウィザス高等学校(通信制)に転校しました。同期入団の選手には、セレッソ大阪U-18からトップチームに昇格した柿谷曜一朗が存在します。2010年7月1日、ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに移籍しました。2012年6月5日、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCへの香川の完全移籍に関してドルトムント及びマンチェスター・ユナイテッドの双方が合意したことが両クラブから発表されますした。

香川真司 日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!