日本代表 愛称

日本代表愛称は2006年ワールドカップに向けたが、2005年10月、日本サッカー協会は5つの候補の中から一般投票を行い、2006年1月27日に他の候補に2倍以上の得票数を獲得した「SAMURAI BLUE 2006」にする。2009年10月19日には「SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)」を公式のペットネームとすると定められた。

日本代表

マスメディアでは横山謙三が代表監督となった際に「横山ジャパン」という呼称が使われるようになり、以降「監督名+ジャパン」という呼称が用いられている。フィリップ・トルシエの代表監督時代は「トルシエ・ニッポン」という呼称も使用されていた。
海外メディアでは日本代表を「ライジング・サン」や「ブルー・サムライ」、「ブルーズ」と呼ばれるのもある。