日本代表の山口蛍について

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口蛍

 山口蛍は三重県名張市生まれのプロサッカー選手であります。小学校3年生の時に父の影響でサッカーを始めて、主にトップ下を担当していました。中学校進学に際しセレッソ大阪、ガンバ大阪、京都パープルサンガの3クラブの入団テストを受けたが、テスト当日に合格の通知をくれたセレッソ大阪U-15へ入団しました。中学時代は電車で片道2時間かけて練習場まで通う日々を送りました。2008年、チームの主将に就任してJFAプリンスリーグU-18関西で優勝を飾り、自身もリーグMVPに選出されました。ブンデスリーガ・ハノーファー96所属でポジションはミッドフィールダー(MF)です。

2010年クラブでは出場機会に恵まれなかったが、各クラブの控えメンバーを中心としたU-21日本代表に選出され、広州アジア競技大会に出場しました。山村和也とダブルボランチを形成して、全試合に出場する活躍で、史上初の金メダル獲得に貢献しました。その後も関塚隆監督の寵愛を受けて、レギュラーとしてロンドン五輪アジア予選を戦いました。ロンドン五輪アジア予選後で、ロンドン五輪U-23サッカー日本代表に選出されました。本大会では、主にチームメイトの扇原貴宏とダブルボランチを形成しました。過密日程の中、全試合フル出場を果たして、メキシコ五輪以来44年ぶりのベスト4進出に貢献しました。2013年7月、東アジアカップ2013に出場する日本代表に招集され、第1戦中国戦で国際Aマッチ初出場を果たしました。同大会では全3試合に出場して、日本代表の大会初優勝に貢献して、自身も大会MVPに選出されました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口蛍

2012年開幕からレギュラーを掴んでいます。同年、キム・ボギョン、清武弘嗣といった主力の相次ぐ移籍もあってクラブは下位に低迷したが、ファビオ・シンプリシオの加入後は攻撃的ミッドフィールダーとしても起用されるなどユーティリティな活躍を見せて、リーグ戦30試合に出場しました。2014シーズンから名前の登録漢字表記を、山口螢から山口蛍に変更。契約更改時に志願して、セレッソ大阪のキャプテンに就任しました。

 日本代表のユニフォーム激安販売を行っております!山口蛍のユニフォームを買うなら、こちらへ!

日本代表 ユニフォーム  レプリカ 購入

 

日本代表 2016 ユニフォーム 16番 山口蛍 ホーム 半袖 レプリカ

日本代表 2016 ユニフォーム 16番 山口蛍 ホーム 半袖 レプリカ

日本代表 2016 ユニフォーム 16番 山口蛍 ホーム 半袖 レプリカ

メーカーカラー

ナイトネイビー×ホワイト×ブライトロイヤル

価額:7000円

特徴

・山口蛍 日本代表 ユニフォーム 2016 ホームは観戦用に作られたレプリカモデルの為、横幅にゆとりがある設計を採用します。

・襟裏には2018FIFAワールドカップロシアに導く先導者の象徴である三本足の烏の羽が入りました。

・ユニフォームの前面に11本の異なる青で構成されたボーダーは11人の選手の個性を表現されました。

・山口蛍は豊富な運動量と抜群のボール奪取能力を持つ中盤のダイナモと言われ、フィジカルの強さを生かした対人守備を得意とし、タイトなマークと鋭い危険察知能力で相手のチャンスの芽を摘む守備職人であります、ユース時代は背番号「10」を着けて攻撃的なポジションでプレーしており、パスの精度が高く、攻撃センスにも長けているという評価があります。

・CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、客様のパフォーマンスを最大限に引き出します。

素材

吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

日本代表 2016 ユニフォーム 16番 山口蛍 ホーム 半袖 レプリカ 購入

日本代表 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 #16.山口蛍

『円陣』すべてをかける時が来た。-円陣を組め、すべてをかけろ-
2014年ワールドカップ着用!日本代表山口選手オフィシャルマーク付きホーム半袖レプリカユニフォーム。

【カラー】
ジャパンブルー×ホワイト×ポップ

日本代表 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 #16.山口蛍日本代表 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 #16.山口蛍

【特徴】
・カラーには伝統的な「ジャパンブルー」を採用。
・背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への想いをこめた大きな1つの「輪」になるようにデザインされています。
・結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現。
・左胸の協会エンブレムから伸びる11本のラインは円陣後戦いに向けピッチに散らばる選手を表現。
・日本国旗、協会エンブレムは織りワッペン縫い付け。
・協会エンブレム下の「JAPAN」の文字とメーカーロゴは刺繍。
・サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。

【機能】
clima cool:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

【素材】
インターロック(ポリエステル100%)

【シーズン】
2013年11月発売

ご購入はこちら >>

日本代表 山口蛍

山口蛍は三重県名張市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ハノーファー96所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー(MF)。
「セレッソでの昨シーズンが終わりに近づいたとき、最初にハノーファーが声をかけてくれたっていうのはありました。もうちょっと時間をかけてギリギリまで(他クラブからのオファーを)待てば、他のチームっていうのも、もしかしたらあったかもしれないですけど、やっぱり最初に声をかけてくれたので」

山口蛍

2014年のブラジルW杯に出場して海外挑戦への想いを強くした山口には、移籍の可能性がありながらもなかなか実現には至らなかった。日本代表ではロシアW杯予選4試合に先発出場し、主力として活躍しているとはいえ、昨年はセレッソ大阪の一員としてJ2でプレーした。