日本代表の槙野智章について

槙野智章

 

槙野智章は広島県広島市出身のプロサッカー選手であります。父と兄の影響で小学1年生からサッカーを始め、隣町井口の井口明神小学校のサッカークラブに入団しました。2000年にサンフレッチェ広島ジュニアユースに入団し、同期には、森重真人、左山晋平などがいました。中学3年次にコーチの月岡利明により、FWのポジションからセンターバックにコンバートされました。2003年にユースチームに昇格しました。2年後、センターバックとしてレギュラーを獲得し、ユースレベルでの3大大会の全てで決勝に進出し2冠達成しました。

2006年11月に開催されたAFCユース選手権2006および翌2007年7月に開催された2007 FIFA U-20ワールドカップでは福元洋平とセンターバックでコンビを組み、守備の要として、またムードメーカーとしても活躍しました。カナダで開催されたU-20ワールドカップ本大会では髪を赤に染めていたが、現地では「ジャパニーズ・ベッカム」と評され注目を集めた。2010年1月に若手が起用されたアジアカップ最終予選のイエメン戦で、ゲームキャプテンとして代表初出場を果たしました。2012年2月24日のキリンチャレンジカップ・アイスランド戦で代表初得点を挙げました。

槙野智章

2006年にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格し、2007年8月に先発メンバーに抜擢されました。2010年12月にドイツ・ブンデスリーガの1.FCケルンへ完全移籍を決めました。2012年1月11日、出場機会を求め、広島時代の恩師であるミハイロ・ペトロヴィッチが就任した浦和レッズへの1年間の期限付き移籍が決定しました。2012年12月4日、2013年シーズンより浦和への完全移籍加入が発表されました。また背番号を「5」に変更し、この年はリーグ戦34試合全試合に出場しました。

浦和レッズ ユニフォームは豊富に納品揃っています。とても人気がある槙野智章のユニフォーム、ご希望の場合はこちらへ!

浦和レッズ ユニフォーム 購入

日本代表の長谷部誠について

長谷部誠

 長谷部誠は静岡県藤枝市生まれのサッカー選手であります。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルトに所属しての日本代表です。3歳のときにサッカーアニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れてサッカーを始めて、藤枝市立青島東小学校のスポーツ少年団と藤枝市立青島中学校サッカー部を経て、静岡県の名門藤枝東高校に入学して、2年の終わり頃からレギュラーとしてプレーしました。高校卒業と同時に、3年目の2004年はシーズンのシーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組んで、浦和の2ndステージ優勝などに大きく貢献しました。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出されました。

センターハーフを本職してサイドでの起用にも対応する高い戦術理解力と抜群の安定感を兼ね備えるという評価がありました。浦和レッズ時代は繊細なボールタッチを持ち味とする司令塔として活躍しましたが、ヴォルフスブルク移籍後は中盤の攻撃的な位置や守備的な位置に加えて、最終ラインに入ることもできるユーティリティプレイヤーに進化します。持ち前のテクニックに加えて、欧州仕様のフィジカルと対人プレーの強さを体得して、カバーリングが成長しました。2005年から2007年の間も鈴木啓太と中盤の底でコンビを組んで、J1優勝やAFCチャンピオンズリーグ優勝をはじめとした浦和のタイトル獲得にレギュラーとして貢献しました。

 

長谷部誠

2006年、イビチャ・オシムが日本代表監督に就任しましたと、再び代表に選出されましたたが、2007年以降は代表から漏れることが多くなりました。2008年1月1日、ドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクに移籍しました。2013年のシーズン開幕後、本職であるボランチでの出場を希望し自ら移籍を志願しました。2013年8月31日、1.FCニュルンベルクへの移籍が発表されて、シーズン終了後、アイントラハト・フランクフルトへ移籍しました。南アフリカW杯後に日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニからも引き続きキャプテンを任されて、2011年1月にカタールで開催されたアジアカップでは、全6試合にフル出場して、日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献しました。

長谷部誠 日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表の山口蛍について

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口蛍

 山口蛍は三重県名張市生まれのプロサッカー選手であります。小学校3年生の時に父の影響でサッカーを始めて、主にトップ下を担当していました。中学校進学に際しセレッソ大阪、ガンバ大阪、京都パープルサンガの3クラブの入団テストを受けたが、テスト当日に合格の通知をくれたセレッソ大阪U-15へ入団しました。中学時代は電車で片道2時間かけて練習場まで通う日々を送りました。2008年、チームの主将に就任してJFAプリンスリーグU-18関西で優勝を飾り、自身もリーグMVPに選出されました。ブンデスリーガ・ハノーファー96所属でポジションはミッドフィールダー(MF)です。

2010年クラブでは出場機会に恵まれなかったが、各クラブの控えメンバーを中心としたU-21日本代表に選出され、広州アジア競技大会に出場しました。山村和也とダブルボランチを形成して、全試合に出場する活躍で、史上初の金メダル獲得に貢献しました。その後も関塚隆監督の寵愛を受けて、レギュラーとしてロンドン五輪アジア予選を戦いました。ロンドン五輪アジア予選後で、ロンドン五輪U-23サッカー日本代表に選出されました。本大会では、主にチームメイトの扇原貴宏とダブルボランチを形成しました。過密日程の中、全試合フル出場を果たして、メキシコ五輪以来44年ぶりのベスト4進出に貢献しました。2013年7月、東アジアカップ2013に出場する日本代表に招集され、第1戦中国戦で国際Aマッチ初出場を果たしました。同大会では全3試合に出場して、日本代表の大会初優勝に貢献して、自身も大会MVPに選出されました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口蛍

2012年開幕からレギュラーを掴んでいます。同年、キム・ボギョン、清武弘嗣といった主力の相次ぐ移籍もあってクラブは下位に低迷したが、ファビオ・シンプリシオの加入後は攻撃的ミッドフィールダーとしても起用されるなどユーティリティな活躍を見せて、リーグ戦30試合に出場しました。2014シーズンから名前の登録漢字表記を、山口螢から山口蛍に変更。契約更改時に志願して、セレッソ大阪のキャプテンに就任しました。

 日本代表のユニフォーム激安販売を行っております!山口蛍のユニフォームを買うなら、こちらへ!

日本代表 ユニフォーム  レプリカ 購入

 

日本代表の清武弘嗣について

清武弘嗣

清武弘嗣は1989年11月12日 で大分県大分市出身のサッカー選手であり、日本代表であります。リーガ・エスパニョーラ・セビージャFCに所属しています。ポジションはミッドフィールダー、フォーワードであります。

2008年にトップチームに昇格し、1年目からスーパーサブとして出場機会を得て、第20節清水エスパルス戦では、1-2の状況から同点ゴールを決め、これが自身のプロ初得点となりました。2009年は主力選手の怪我人続出もあってレギュラーに定着しました。チームが低迷する中、23試合に出場して3得点を挙げました。ニュルンベルクでは開幕戦からスタメンに抜擢されると、9月15日のボルシアMG戦では1得点を挙げた他2アシストの成績を残りました。この得点はニュルンベルク移籍後初の得点でした。シーズン通してレギュラーとして起用されリーグ4位となる10アシストを記録しました。2011年8月10日に札幌ドームで行われた韓国戦で前半36分に岡崎慎司に代わりA代表デビューを果たし、2アシストを挙げ、日本代表の勝利に貢献しました。

清武弘嗣

2010年、大分のJ2降格に伴い高橋大輔、上本大海と共にセレッソ大阪に完全移籍しました。2012年、香川真司の移籍後欠番となっていたセレッソ大阪のエースナンバー背番号8を継承し、5月16日、7月1日付けでドイツ・ブンデスリーガの1.FCニュルンベルクへの完全移籍が発表されました。

 清武弘嗣  日本代表 ユニフォームは豊富に納品備えっています、激安価格で人気のある清武弘嗣のユニフォームの購入はこちらへ!

日本代表の小島光顕について

小島光顕

 

 小島光顕は長崎県出身の元サッカー選手で、サッカー指導者です。

国見高3年時に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で初出場初優勝しました。東京農業大学卒業後、当時日本サッカーリーグ2部の富士通に加入し、1993年Jリーグ開幕にあわせてサンフレッチェ広島に移籍しました。その間に、開幕戦、ジェフ市原戦でミドルシュートを決め、サンフレッチェ広島の記念すべきJリーグ初勝利に貢献しました。それと同時に、在籍6シーズン、主に守備的MFとして堅実なプレーを披露しました。元々は攻撃的な選手であったが、サンフレッチェ加入後はその堅実さを買われて守備的MFとしての役割が多いでした。しかし、非常にユーティリティなプレイヤーであった為、様々なポジションで活躍します。そして、1999年にはアビスパ福岡へ移籍して、ここでは完全にDFにコンバートされ、ベテランらしい安定したプレーでチームの守備を支えました。また、広島、福岡でのプロ選手生活10年、妥協しないトレーニングと徹底した体調管理で大きなケガをすることなく戦ってきたことは、評価に値します。それに、2002年シーズンを最後に現役引退して、現在はKOJIMAサッカースクールの主宰です。

小島光顕

1993年のJリーグ開幕に合わせて富士通からサンフレッチェ広島に移籍しました。そして、1999年にはアビスパ福岡へ移籍しました。その後、2002年シーズンを最後に現役引退してしまいました。現在はKOJIMAサッカースクールの主宰です。

日本代表の小島光顕に関するユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表 ユニフォーム  レプリカ 購入

日本代表香川真司について

香川真司

香川真司は兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手であります。幼稚園に通っていた頃からサッカーを始めました。小学5年生になると神戸NKの監督からFCみやぎバルセロナ(宮城県仙台市)へのサッカー留学を勧められました。2001年、中学校入学と同時にサッカー留学し、仙台市立八乙女中学校に通いながらFCみやぎバルセロナのジュニアユースに所属し練習に励みました。2005年9月、高校2年生の時にU-18東北代表(清水秀彦監督)に飛び級で選出され、仙台カップ国際ユースサッカー大会 (U-18) にボランチとして出場し、MIPの1人に選ばれました。

香川真司

2008年に日本代表に選出されました。同年10月9日のキリンチャレンジカップの対UAE戦で代表初得点を挙げました。[2009年シーズン、J2第15節水戸ホーリーホック戦でプロ登録後初のハットトリックを達成し、その後も4試合連続ゴールを記録するなど得点を重ねました。2011年1月には国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれました。2013年3月2日のノリッジ・シティFC戦では自身のヨーロッパ移籍後初、プレミアリーグにおいてはアジア出身選手による初のハットトリックを達成しました。このシーズン、マンチェスター・ユナイテッドは2シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、香川自身も欧州移籍後3シーズン連続でリーグタイトルを獲得した。攻撃面での高い技術およびセンスを備えたセカンドストライカーないしトップ下であり、ボールのコントロール能力、敏捷性、カットイン時のオフ・ザ・ボールの動き、視野の広さ等は高い評価を得ています。

2006年にセレッソ大阪に入団し、同球団と業務提携していたウィザス高等学校(通信制)に転校しました。同期入団の選手には、セレッソ大阪U-18からトップチームに昇格した柿谷曜一朗が存在します。2010年7月1日、ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに移籍しました。2012年6月5日、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCへの香川の完全移籍に関してドルトムント及びマンチェスター・ユナイテッドの双方が合意したことが両クラブから発表されますした。

香川真司 日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!