日本代表の山口蛍について

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口蛍

 山口蛍は三重県名張市生まれのプロサッカー選手であります。小学校3年生の時に父の影響でサッカーを始めて、主にトップ下を担当していました。中学校進学に際しセレッソ大阪、ガンバ大阪、京都パープルサンガの3クラブの入団テストを受けたが、テスト当日に合格の通知をくれたセレッソ大阪U-15へ入団しました。中学時代は電車で片道2時間かけて練習場まで通う日々を送りました。2008年、チームの主将に就任してJFAプリンスリーグU-18関西で優勝を飾り、自身もリーグMVPに選出されました。ブンデスリーガ・ハノーファー96所属でポジションはミッドフィールダー(MF)です。

2010年クラブでは出場機会に恵まれなかったが、各クラブの控えメンバーを中心としたU-21日本代表に選出され、広州アジア競技大会に出場しました。山村和也とダブルボランチを形成して、全試合に出場する活躍で、史上初の金メダル獲得に貢献しました。その後も関塚隆監督の寵愛を受けて、レギュラーとしてロンドン五輪アジア予選を戦いました。ロンドン五輪アジア予選後で、ロンドン五輪U-23サッカー日本代表に選出されました。本大会では、主にチームメイトの扇原貴宏とダブルボランチを形成しました。過密日程の中、全試合フル出場を果たして、メキシコ五輪以来44年ぶりのベスト4進出に貢献しました。2013年7月、東アジアカップ2013に出場する日本代表に招集され、第1戦中国戦で国際Aマッチ初出場を果たしました。同大会では全3試合に出場して、日本代表の大会初優勝に貢献して、自身も大会MVPに選出されました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口蛍

2012年開幕からレギュラーを掴んでいます。同年、キム・ボギョン、清武弘嗣といった主力の相次ぐ移籍もあってクラブは下位に低迷したが、ファビオ・シンプリシオの加入後は攻撃的ミッドフィールダーとしても起用されるなどユーティリティな活躍を見せて、リーグ戦30試合に出場しました。2014シーズンから名前の登録漢字表記を、山口螢から山口蛍に変更。契約更改時に志願して、セレッソ大阪のキャプテンに就任しました。

 日本代表のユニフォーム激安販売を行っております!山口蛍のユニフォームを買うなら、こちらへ!

日本代表 ユニフォーム  レプリカ 購入

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です