日本代表の清武弘嗣について

清武弘嗣

清武弘嗣は1989年11月12日 で大分県大分市出身のサッカー選手であり、日本代表であります。リーガ・エスパニョーラ・セビージャFCに所属しています。ポジションはミッドフィールダー、フォーワードであります。

2008年にトップチームに昇格し、1年目からスーパーサブとして出場機会を得て、第20節清水エスパルス戦では、1-2の状況から同点ゴールを決め、これが自身のプロ初得点となりました。2009年は主力選手の怪我人続出もあってレギュラーに定着しました。チームが低迷する中、23試合に出場して3得点を挙げました。ニュルンベルクでは開幕戦からスタメンに抜擢されると、9月15日のボルシアMG戦では1得点を挙げた他2アシストの成績を残りました。この得点はニュルンベルク移籍後初の得点でした。シーズン通してレギュラーとして起用されリーグ4位となる10アシストを記録しました。2011年8月10日に札幌ドームで行われた韓国戦で前半36分に岡崎慎司に代わりA代表デビューを果たし、2アシストを挙げ、日本代表の勝利に貢献しました。

清武弘嗣

2010年、大分のJ2降格に伴い高橋大輔、上本大海と共にセレッソ大阪に完全移籍しました。2012年、香川真司の移籍後欠番となっていたセレッソ大阪のエースナンバー背番号8を継承し、5月16日、7月1日付けでドイツ・ブンデスリーガの1.FCニュルンベルクへの完全移籍が発表されました。

 清武弘嗣  日本代表 ユニフォームは豊富に納品備えっています、激安価格で人気のある清武弘嗣のユニフォームの購入はこちらへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です