日本代表の小島光顕について

小島光顕

 

 小島光顕は長崎県出身の元サッカー選手で、サッカー指導者です。

国見高3年時に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で初出場初優勝しました。東京農業大学卒業後、当時日本サッカーリーグ2部の富士通に加入し、1993年Jリーグ開幕にあわせてサンフレッチェ広島に移籍しました。その間に、開幕戦、ジェフ市原戦でミドルシュートを決め、サンフレッチェ広島の記念すべきJリーグ初勝利に貢献しました。それと同時に、在籍6シーズン、主に守備的MFとして堅実なプレーを披露しました。元々は攻撃的な選手であったが、サンフレッチェ加入後はその堅実さを買われて守備的MFとしての役割が多いでした。しかし、非常にユーティリティなプレイヤーであった為、様々なポジションで活躍します。そして、1999年にはアビスパ福岡へ移籍して、ここでは完全にDFにコンバートされ、ベテランらしい安定したプレーでチームの守備を支えました。また、広島、福岡でのプロ選手生活10年、妥協しないトレーニングと徹底した体調管理で大きなケガをすることなく戦ってきたことは、評価に値します。それに、2002年シーズンを最後に現役引退して、現在はKOJIMAサッカースクールの主宰です。

小島光顕

1993年のJリーグ開幕に合わせて富士通からサンフレッチェ広島に移籍しました。そして、1999年にはアビスパ福岡へ移籍しました。その後、2002年シーズンを最後に現役引退してしまいました。現在はKOJIMAサッカースクールの主宰です。

日本代表の小島光顕に関するユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表 ユニフォーム  レプリカ 購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です