日本代表香川真司について

香川真司

香川真司は兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手であります。幼稚園に通っていた頃からサッカーを始めました。小学5年生になると神戸NKの監督からFCみやぎバルセロナ(宮城県仙台市)へのサッカー留学を勧められました。2001年、中学校入学と同時にサッカー留学し、仙台市立八乙女中学校に通いながらFCみやぎバルセロナのジュニアユースに所属し練習に励みました。2005年9月、高校2年生の時にU-18東北代表(清水秀彦監督)に飛び級で選出され、仙台カップ国際ユースサッカー大会 (U-18) にボランチとして出場し、MIPの1人に選ばれました。

香川真司

2008年に日本代表に選出されました。同年10月9日のキリンチャレンジカップの対UAE戦で代表初得点を挙げました。[2009年シーズン、J2第15節水戸ホーリーホック戦でプロ登録後初のハットトリックを達成し、その後も4試合連続ゴールを記録するなど得点を重ねました。2011年1月には国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれました。2013年3月2日のノリッジ・シティFC戦では自身のヨーロッパ移籍後初、プレミアリーグにおいてはアジア出身選手による初のハットトリックを達成しました。このシーズン、マンチェスター・ユナイテッドは2シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、香川自身も欧州移籍後3シーズン連続でリーグタイトルを獲得した。攻撃面での高い技術およびセンスを備えたセカンドストライカーないしトップ下であり、ボールのコントロール能力、敏捷性、カットイン時のオフ・ザ・ボールの動き、視野の広さ等は高い評価を得ています。

2006年にセレッソ大阪に入団し、同球団と業務提携していたウィザス高等学校(通信制)に転校しました。同期入団の選手には、セレッソ大阪U-18からトップチームに昇格した柿谷曜一朗が存在します。2010年7月1日、ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに移籍しました。2012年6月5日、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCへの香川の完全移籍に関してドルトムント及びマンチェスター・ユナイテッドの双方が合意したことが両クラブから発表されますした。

香川真司 日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です