日本代表 清武弘嗣

清武弘嗣は大分県大分市出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・ハノーファー96所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。
状況判断力が優れた万能アタッカーで、ミスが少ない点が特徴。2011年にA代表デビューを果たし、日本代表のメンバーとしても功績を残している。

清武弘嗣

2015年11月12日に行われらシンガポールたい日本の2018ワールドカップアジア2次予選。金崎夢生、本田圭佑、吉田麻也があげたゴールはいずれも素晴らしいものだったが、この試合で最も大きな話題となったのは前半途中に清武弘嗣のユニフォームが大きく裂けてしまったハプニングだろう。清武は新ユニフォームに着替えていたのだが、一部のファンから「審判が気付かない」や「早くピッチに入れろ」という意見が目立った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です