日本代表 香川真司

香川真司は兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。
2015年香川真司はどうすれば生きるのかという疑問が多い。
カンボジアのエースFWクオン・ラボラビー(9番)が「日本で一番注目しているのはカガワ。ボルシア・ドルトムントの試合はいつも見ているし、彼は本当に素晴らしい選手。憧れている」と語ったように、相手選手も、スタジアムに駆けつけた人々も、日本のエースナンバー10の一挙手一投足に注目していた。

香川真司

アジアでの戦い、世界への挑戦という二面性を求められるのは日本代表の常。だが、代表の方向性をしっかり模索すると同時に、俊輔が言うように重責を背負いすぎている香川の役割をもう少しシンプルにさせられないものか。アジアを、世界を、そして日本代表を知る中村俊輔の言葉は非常に重い。現役選手だけに直接のアドバイスすることが難しいのは理解できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です